スマイル収納ブログ | 【有賀てるえのお片付け代行スマイル収納サービス】片付けから未来を変えるなら東京のハート・コードへ

スマイル収納サービス
  • トップページ
  • 会社概要・アクセス
  • お問合せ
ブログ

頭の良い子が育つ部屋づくり【コミュニケーション】編・作品展示スペースのこと

ピカピカ塾生のみなさん、こんにちは!がんばるママの応援団長!小川裕子です\(^o^)/

今日は、頭の良い子に育つ【コミュニケーション】編・作品展示スペースについてです!
幼稚園・保育園や学校で制作した作品や、あそびで制作した作品など・・
どのように対応していますか?処分のタイミングや収納にお悩みではないですか?
そんな作品たちは、子どもとの絶好のコミュニケーションツールです!
こどもは家族に「見てもらう・ほめてもらう」ために一生懸命制作しています。
しっかり「お役目」を果たしてもらうべく、ステージを用意しましょう!
おすすめの場所は、玄関です!
おすすめポイントは2つ。
1・家族みんなが目にするので、会話が生まれやすい
2・作品展示スペースに限定することで、郵便物やDMなどをちょい置きしにくくする
効果があるからです。
玄関横
わが家では、季節モノや立体作品は玄関まわりに展示し、100点のテストやスイミングの進級証などの紙モノは、子供部屋や冷蔵庫横の目につきやすい場所に展示しています。
そして、目にするたびに「じょうずに出来たね〜」「こんなに出来るようになったんだね〜」など、会話をしています。
作品展示
長男のおもしろエピソードが載った小学校のクラス週報は、記念にそのまま写真アルバムに収納しました!
(「この蛇口の水が一番おいしい!(長男)」「ほんとだ!(みんな)」といった内容でした(笑))
立体作品はこどもと一緒に撮影し、写真として取っておく、紙モノの作品は1年に3枚までなど、取っておく量と収納スペースを決めておくと収納に困ることが無くなりますね。
「モノは活かすためにある!お役目を終えたら、ありがとう。」
作品を通して、たくさんコミュニケーションを取っていきましょう!

◆小川がセミナー講師を担当します!
子供と共に親も一緒に育つ(共育)環境づくりのご提案です。
2016年3月18日(金)10:00〜12:00 又は2016年3月25日(土) あたまのよい子に育つコース 

ブログランキングに参加中です。クリックで応援お願いいたします。

人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop

スマイル収納サービス