スマイル収納ブログ | 【有賀てるえのお片付け代行スマイル収納サービス】片付けから未来を変えるなら東京のハート・コードへ

スマイル収納サービス
  • トップページ
  • 会社概要・アクセス
  • お問合せ
ブログ

【片付けから頭の良い子が育つ部屋づくり【くらし編】・じぶんで洗濯物をたたむ!その@】

ピカピカ塾生のみなさん、こんにちは!がんばるあなたの応援団長!小川裕子です(*^^)v

今日は【片付けから頭の良い子が育つ部屋づくり【くらし編】・じぶんで洗濯物をたたむ!その@】のことです。

わが家では、「じぶんのことは、じぶんでやる」が合言葉です☆その中でも子どもがじぶんで出来るようになってくれて本当に助かっていること、それは「洗濯物をたたんで、しまう」ことです!!
子どもが2〜3才の頃から始めていて、7才・5才の兄妹の洗濯物たたみ、現在私はノータッチです!これを私がすることになったらきっと今頃パンクして泣いているでしょう(笑)私も子どもも、無理せず続けるためにも「無理をしない」ことをルールにしています。
洗濯はほぼ毎日していますが、たたむのは出来るときにやって、毎日やらなくてもいいと考えています。“やるときはやる。やらないときは《おもいっきり》やらない!”メリハリが日々を楽しく過ごすには大切です!さぁ、そんな前置きをして普段の風景をご覧いただきます(笑)
洗濯もの
夕方に帰宅後、こんな風に、乾いた洗濯物を子どものタンスの上にわさわさと落としていきます!その晩にたためることもあれば、2〜3日(それ以上も!)この上に積み重なることもあり。雪崩が起きそうなこともあり。いいんです、これが現実です!(笑)
以前は、毎日ちゃんとしなくちゃダメ!と自分を追い込み、家族にも強制させ・・・いい雰囲気ではありませんでした。子どもにも大人のレベルを求めていたのでしょう。「子どもが片付けをする」ことと、「大人が片付けをする」ことは別のものと考えることが出来るようになってからは、ずいぶん気持ちに余裕が出来ました。その余裕を生み、子どもに還元できるのも、整理収納の仕組みを整えたおかげです。
子どもが本来出来ることを、しやすいように整えてあげる。これが整理収納の本当の姿です☆
キラッキラに見た目だけを整えるのではなく、親も子も成長できるような仕組みを作ること。子育てに整理収納は必須科目!と思う今日このごろです。
さて、今回も長くなってしまったのでそのAに続きます!(●^o^●)

今日も楽しく過ごせますように(*^_^*)ありがとうございます☆
◆小川がセミナー講師を担当します!
子供と共に親も一緒に育つ(共育)環境づくりのご提案です。
詳細は下記のページをご確認ください。本日6/16(木)17時まで申込受付中です!
2016年6月17日(金) あたまのよい子に育つコース 

ブログランキングに参加中です。↓ぽちっと応援お願いします☆


人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

PageTop

スマイル収納サービス